2ペンスの希望

映画言論活動中です

固唾

映画を見ていて、「あー この画を撮りたかったんだな」と独りでニヤニヤすることがごくごくたまにだが ある。もちろん勝手な思い込みだ。けど、体が熱くなって、固唾を呑む。息を凝らす。舌を巻く。そんな場面に出会うことが、映画の魔・醍醐味のひとつであることは確かだ。

f:id:kobe-yama:20210505063952j:plain

最近見た映画の「圧巻」をひとつ。

www.youtube.com

けもの道 つづく

映画は名の知れた映画会社が作るものとは限らない。

木村プロダクション・木村元保さんは「1934年 東京墨田区生まれの鉄工所のオヤジさん」で「"特撮の木村"の異名で知られた関東の自主製作映画マニア」であり、「大映 (東京?)撮影所で三年撮影助手をしていたこともあった」人物だ。(この項の一連は、木全公彦さんの『映画の國』コラムの丸写し・コピペ・無断引用。ゴメン

f:id:kobe-yama:20210504070215j:plain

ドラマクラブ製作映画 木村元保 主演作

1976『大地の子守歌』1979『曽根崎心中』1981『泥の河』と立て続けに映画を作っている。(ここも木全稿 参照)

 

現役では、キノフィルムズの木下直哉さん(1965生)という方もいる。

住宅・医療・介護・教育・スポーツ育成など幅広い事業を展開する木下グループを率いる総帥だ。映画の製作や配給を手掛けている。福岡・立川・横浜MMに映画館も経営する。ググれば結構沢山の自社製作映画が出てくる。

f:id:kobe-yama:20210504065900p:plain

 東京には、映画関連図書の出版で知られるワイズ出版岡田博さん(1949生)なども知られる。1995『無頼平野』から2017『なりゆきな魂』まで9本を手掛けてきた。

"赤信号みんなで渡れば怖くない"リスク分担相乗り方式「製作委員会」とは別の道を歩くイッポンドッコ(一本独鈷)管理人が知らぬだけできっともっと沢山の方々が居られるはずだ。

京都には、志摩敏樹さん(1962生)がいる。本業は建設機械のレンタル業だが1999年にシマフィルムを立ち上げ、1999『風花』2002『ぼくんち』2003『ニワトリはハダシだ』2004『17歳の風景/少年は何を見たのか』『おそいひと』2005『かぞくのひけつ』と作り続け、2007年からは福知山・舞鶴の映画館を引き継ぎ、京都市内に『出町座』をオープン、左前になった『京都シネマ』を引き受けながら、今も若手の映画や音楽家のドキュメンタリーなどを数多くリリースしている。

大阪生まれの秋田光彦さん(1955生)は、浄土宗大蓮寺住職、應典院代表、1980『狂い咲きサンダーロード』プロデューサー。今も若い映画世代を応援しているようだ。

何かと話題の絶えないアップリンク浅井隆さんなんかも加えても良いかもしれない。が、秋田さんも含め、ちょっと毛色が違う気もするのでやめておく。おっと、最後にもう一人、

三上康雄さん(1958生)東大阪で装飾建材業を営む傍ら2012年劇場用映画製作会社を設立、2013『蠢動-しゅんどう-』2019『武蔵-むさし-』。共に時代劇。一本は拝見。端正で丹精だった。


www.youtube.com

いずれにしろ‥‥

スポットライトの当たる表通りにだけ映画があるのではないことは憶えておきたい。どんなところにも陰もあれば闇もある。彼らも含めて映画の世界は拡がってきた。

ただ けもの道 裏街道なんて云うのは失礼千万だろう。映画の女神に見込まれた面々と呼ぶべきかも。もっとも「見込まれた」というより「睨まれた・付け込まれた」というほうが当たりかもしれないが‥。諸事万端 行く末に幸あれと願う。

けもの道

木村元保さんのことを書いておこうと思う。 

f:id:kobe-yama:20210504053126j:plain

 面識はない。知る人ぞ知る真正映画人だ。古い日本映画好きなら憶えているだろう1981年の映画『泥の河』の製作プロデューサーである。

オープニング映像。題名に続いてトップに出てくる。当時の映画業界の常識では「お金を出した人」という意味である。


www.youtube.com

製作のいきさつ・断片は、ウイキペディアに少し出ている。

泥の河 - Wikipedia

木村元保さんのことは、木全公彦さんの『映画の國』コラムに詳しい。(木全さんの篤実なレポートには改めて感謝)

映画の國 || コラム ||

時間のある時にどうぞ。長尺だが損はさせません。

 

 

 

 

 

a girl and a gun

ネットを漁ると、「拳銃と女さえいれば映画は撮れる」と言ったのは仏 J.L.ゴダールだという記事が幾つも出てくる。当のゴダール氏はそもそもそう言ったのは米 D.W.グリフィスだと主張しているという記述もある。

f:id:kobe-yama:20210502204751p:plain

all you need to make a movie is a girl and a gun.  「映画とは女と銃のことである」(「映画に必要なのは女と銃だけだ」)

f:id:kobe-yama:20210502204235p:plain

拳銃は、男性のメタファーだとか、いやキャメラのことだとか、もともとは、仏 ゴダールが伊 ロッセリーニの『イタリア旅行』を評して言った"男と女と一台の車とカメラがあれば映画ができる”というのが始まりだ、1991年カンヌ国際映画祭でのゴダールの発言が元だ、とかとか 賑やかだ。

どうであっても構わない。さしたる差は無かろう。映画を作ろうという初発の動機はシンプルなもの、ほぼほぼそういうことだろう。出発点は大層なものじゃない。さほど複雑なものでも、高尚なものでもない、撮ってみたいチャーミングな女性がいて、ちょっとしたキッカケ・条件があれば映画は動き出す。そこから始まるものだ。

それがいつしか一世紀を過ぎ、映画はどんどん複雑化・高度化し高級化して現在に至っている。振り返れば、沢山の峰が連なる山脈が並び、綺羅星の如き星座が満天に拡がる。だが、近くの麓に目をやれば、不必要な複雑化ばかりが目につく、目にあまる。無意味で不必要で有害にしか思えないデコレーションが目立つ。

ここらで 原点回帰、始原のワクワク、ドキドキに戻ってみてはどうだろうか。(白黒無声映画もその一つかも‥)

もっとも先日、個人映画を作りたいという若者と話をしていて驚いた。「一人で作るんじゃなくて、気の合う周りの人とスクラムを組んでみたらどうだい」と言いかけたら、「スクラムって何ですか?ラグビー用語ですか?」と返された。「いやいや、隊列を整えるためにデモで腕を組むことだよ」と説明したら「デモって何ですか?新製品の実演のことですか?」と問われてしまった。もはや スクラムもデモも通じないご時勢 ?!  なんとまぁ~。

 

 

 

再々論 映画は映画

映画が生まれて百数十年になるというのに、いまだに「映画は娯楽なのか、芸術なのか」という不毛(としか思えないよう)なやり取りが後を絶たない。先日も公共放送で いい歳のアナウンサーが、いい歳の映画監督に質問して、困らせていた。苦笑しながら監督はやんわりとこう返した。「若い頃は悩んだことも否定しませんが‥もう 止めました。小津安二郎は芸術なのか娯楽なのかと問うのもナンセンスで、あまりそこに区別をつけるのは意味がないとよーくわかったので」そうだよなぁ、イマドキよく言うよ。誰だってそう思うよな。なのに、娯楽なのか芸術なのか、作品なのか商品なにか、フィクションなのかノンフィクションなのか、ドラマなのかドキュメンタリーなのか、実話なのかつくりものなのか、がともすれば話題にのぼる。どうしたことか。どうしたもんか。背景には、優劣評価、上下意識が抜きがたくあるのを感じる。

f:id:kobe-yama:20210501200552j:plain

再々 書いてきたけれど、映画は娯楽であり同時に芸術でもある。作品であり同時に紛れなく商品でもある。つまりは、映画は映画である。(なんだ、同義反復トートロジーじゃないか、という人も居るだろうが‥、詳述はしない。)

面白い映画とそれほどでもない映画、良く出来た映画とあまり感心できない映画があるだけのことだ。

03 045

大阪南部で育ったせいか、お笑いが好きだ。管理人の主要成分は、映画と漫画とお笑いの三つに、少々の詩と小説を足したもので出来ている。両親が東京下町育ちだったこともあって、コテコテの上方贔屓でもない。枝雀も談志も両方好きだった。イマドキならナイツも好物なら、北海道出身、東北出身のコンビも愛好する。子供の頃には、博多にわか博多淡海のTV放映も観て育った。ということで、お笑いも雑食大食いでやってきた。といっても、今日はお笑いの話じゃない。

携帯電話で育った人は、市外局番なんて知らない、という話。

f:id:kobe-yama:20210428192358j:plain

「東京03」のコントが好きだ。この前始まったお笑い番組で名前の由来を語っていた。「市外局番」に加え、結成が2003年であること、トリオだということ、など幾つかの理由が重なると解説していたが、何と言ってもダントツ「市外局番」だと思い、「上手いネーミング」だなぁと感心してきた。だって、誰でも解るし知ってるし、‥。そう思っていた。しかし、今の若い人には必ずしも伝わらない、ピンとこないらしい。そもそも「市外局番」なんてもはや必要なし、過去の遺物、死語になりつつあるようだ。確かに! 

携帯電話で市外局番を意識することは激減した。時代が変われば、社会も変わる。社会が変われば常識も変わる。たばこスパスパ、けむりモウモウだったかつての「日本映画」シーンは、姿を消した。フィンガーファイブの「恋のダイヤル6700」だって歌詞の意味が解らなくなる時代がやってきている。

映画だって、変わらなくっちゃぁ。衣装表象はドンドン変えながら、変わらぬものを掴み提示し続けなきゃあ、な。そう思いませんか。

不易流行。

ところで、皆さん、飲み屋で「ちょっと横浜行ってきます」ってわかりますか。